オンラインカジノ攻略雑記

エコペイズでビットコイン入金できるメリットやデメリット

オンラインカジノで仮想通貨が入金できないところでもエコペイズを介してビットコインの入金をすることができます。
このように便利な機能を持っている電子マネー決済のエコペイズですが、ビットコインを入金手段にすることでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

今回、このビットコインをエコペイズの入金手段にするにあたってのメリットやデメリットをそれぞれ解説し、まとめました。
これを読めばエコペイズでビットコインを入金手段の選択をするうえでの材料となるでしょう。

エコペイズでビットコイン入金できるメリット

エコペイズでビットコイン入金できるメリット
エコペイズでビットコインを入金できるメリットは3つあります。
それは、送金スピードや日時を気にせず入金できる、仮想通貨に対応していないオンラインカジノでも利用できる、手数料が安いということです。

送金スピードは、ほぼすべてが即日入金可能です。
これは様々な入金手段を持つエコペイズでもトップクラスの入金反映スピードといえます。
クレジットカード入金の方が速い場合があるものの、オンラインカジノでの利用ができなくなってしまうことから、実質ビットコイン入金が最高速の部類に属します。
また、銀行入金などの方法は土日祝日の対応がされていないのに対し、仮想通貨は年中無休で対応しているため、とてもスムーズな入金が可能です。

仮想通貨に対応していないオンラインカジノへも入金可能です。
オンラインカジノでは仮想通貨の入金が進んでいますが、一部のオンラインカジノは2021年2月現在も非対応です。
このような状況であっても、エコペイズにさえ対応していれば、ビットコインをエコペイズに入金し、そこからエコペイズ入金でオンラインカジノへ入金できるため、こういった点で役立ちます。

手数料が安いのもメリットです。
エコペイズの入金は、入金手数料の他両替手数料などがかかり、意外と費用が掛かる場合があります。
しかし、ビットコイン入金の場合、若干の費用が発生するものの基本的に無料で入金できるため、他の入金手段に比べてかなりリーズナブルといえます。

このようなメリットがあるためエコペイズでのビットコイン入金は非常に使いやすいといえるでしょう。

エコペイズでビットコイン入金するデメリット

エコペイズでビットコイン入金するデメリット
エコペイズでビットコイン入金をするデメリットは、出金できないことです。
ビットコイン入金に対応しているエコペイズですが、様々な事情から出金時は銀行送金という形で出金する形になります。
そのため、一度ビットコイン入金をすることによって、そのビットコインがエコペイズに取り込まれてしまい、出金する際は必ず法定通貨(ドルやユーロ、日本円など)になってしまうというのが大きなデメリットです。
他にもアドレスの誤入力のリスクなどもありますが、このビットコインで出金できないというデメリットは、ほぼ唯一にして最大の弱点です。

エコペイズでビットコイン入金以外の入金方法もある

エコペイズでビットコイン入金以外の入金方法もある
エコペイズでビットコイン入金以外の入金方法もあります。
オンラインカジノの利用ではクレジットカード入金ができないものの、ギフト券による入金や銀行口座への入金、そしてビットコイン以外の仮想通貨の入金といった手段もあります。
ギフト券による入金としてはエコバウチャーと呼ばれるエコペイズの展開しているギフト券をネットで購入し、エコペイズの画面でチャージするという方法です。

この方法は、基本的にあまり日本人ユーザー向けの方法ではありません。
その理由として、日本語対応しているECサイトがないことと、手数料が高めということです。
基本的に海外のECサイトでエコペイズのギフト券を購入する形になります。

エコペイズのメリットとして日本語対応が挙げられますが、この形でのチャージでは、そのメリットも半減してしまうのです。
手数料も高めで、入金金額の5~6%上乗せされた金額で購入する形になるだけでなく、チャージを行う際も手数料として更に2.9%の費用が発生します。

つまり、入金金額の9%近くを手数料で引かれてしまうというデメリットがあります。
こういった理由で日本人ユーザーには、あまりお勧めできません。

銀行口座への入金もあります。
こちらは、国際送金とローカル入金があり、特にローカル入金は日本の収納代行企業の国内銀行に開設された口座に入金するので便利です。
ただ、このローカル入金は冒頭でもお話ししたとおり、土日や祝日の入金は翌営業日になります。
こういった不便さがあるため、気になる方にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

ビットコイン以外の他の手段でエコペイズの入金手段も存在します。
エコペイズのビットコイン以外の仮想通貨も対応しており、ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨が利用できます。
こういったビットコイン以外の仮想通貨を利用して入金するという手段もあり、ビットコインよりも高速に入金できるのがメリットです。
ただ、こちらもビットコイン同様出金には対応していないので、ビットコインを利用して運用するには適さないかもしれません。

このように非常に多彩な入金に対応しており、ビットコインをはじめ様々な選択肢があります。
それぞれメリットやデメリットがあるため、自分に適した手段で入金するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です