オンラインカジノが合法なのか違法なのかを考える

多くの方が、日本には賭博法という法律があるということをご存知でしょう。つまり、どんな場合であれ日本はギャンブルを禁止しているのです。競馬やパチンコなどといった国営のギャンブルも存在しますが、それ以外のギャンブルは全て違法なのです。しかし、現在日本国内でオンラインカジノは拡大しています。これはなぜなのでしょうか。オンラインカジノが違法なのであれば、なぜこれほど拡大できるのでしょうか。


オンラインカジノは合法でも違法でもない

結論からお伝えすると、現在オンラインカジノは法律上合法でも違法でもありません。これはどういうことかというと、オンラインカジノに対応する法律が存在しないということなのです。賭博罪が成立する条件として、胴元側とプレイヤー側のどちらも違法でなければいけないというものがあります。しかし、オンラインカジノの場合はプレイヤーが日本にいたとしても、その胴元側は多くの場合、海外に存在します。海外に運営拠点があり、サーバーも海外に置かれているのです。この場合、日本の法律では両者を違法だとすることができず、現在はほとんどが黙認されています。賭博罪が生まれた時に、ここまでインターネットというものが普及し、さらにそのインターネットを使用した賭博をする人が現れるなど考えてもみなかったのでしょう。

違法でないからと言って安心はできない

対応する法律がないからといって、オンラインカジノが完全に警察から野放しになっているわけではありません。
例えば、オンラインカジノを運営している業者が日本国内にあったり、日本のサーバーを利用してオンラインカジノが運営されていたりすれば、それは賭博法上違反となります。また、過去に逮捕者が出た事件から考えると、海外にオンラインカジノのサーバーが置かれていたとしても、決済会社が日本の業者だったり、日本人向けに特化しすぎた内容のサービスを行っているカジノ利用したりした場合は、逮捕される可能性があります。ただし、書類送検をされたプレイヤーの中で、略式起訴に応じず、裁判を行う構えを見せた人に対しては、不起訴処分にしているという事例がありますので、警察側もそこまでしてプレイヤーを有罪にしたいというよりは、オンラインカジノというギャンブルに対して牽制をしておきたいという考えがあるのでしょう。

まとめ

現在の日本の賭博法という法律では、オンラインカジノを裁くことはできません。しかし警察が「これは日本人向けのサービスである」というみなし捜査を行い、書類送検や逮捕に踏み切っている事例もあります。そのため、オンラインカジノで遊ぶ場合は慎重にならなければいけません。