カジノカフェは逮捕される!ではオンラインカジノは?

インターネットで楽しむカジノゲームについて調べていると、「摘発」や「逮捕」といったキーワードを見かけることがあります。こういう言葉を見ると、「プレイしてしまうと自分も逮捕されてしまうのではないか?」と思い不安になる人もいますよね。そこで今回の記事では、どういった場合にインターネット上のカジノゲームをすると逮捕されたり摘発されたりしてしまうのかということを、解説していきたいと思います。


過去に摘発された事例は、すべてカジノカフェ(インカジ)

インターネットカフェの中で、使用するパソコンをオンラインカジノと接続し、逆にゲームをさせるといういわいる「インカジ」「カジノカフェ」と呼ばれている店舗が過去に摘発を受けています。逆に言えば、摘発という言葉が使われているのはほとんどがこの事例です。
カジノカフェは、オンラインカジノのVIP会員となり、その口座を自由に操作することができるソフトをダウンロードし、そのソフトを使って客に対して自分の店舗のアカウントでゲームをさせるというスタイルです。客から現金でポイント販売し、そのポイントを利用してゲームをしてもらっていました。そして、ポイントの残高に応じて現金を払い戻すという形です。ペイアウトは公表されてないので、何割程度の勝率だったのかはわかりませんが、何百万円、何千万円、場合によっては億単位の金額で利益を得ていた店舗もあるようです。こういった経営を行っていたインターネットカフェはその多くが2006年に摘発され、それ以降同様の事件は発生していません。

オンラインカジノで逮捕者が出たのは特殊な事例

過去にオンラインカジノで逮捕者が出た事例も確かに存在します。しかしそれは、日本人向けに特化したオンラインカジノをプレイしていた場合や、プレイした画像を自分のブログで公開していた場合などです。プレイヤーの逮捕というのはかなり特殊な事例であると同時に、警察側もある意味オンラインカジノという物に対しての牽制の意味で逮捕していますので、略式起訴をされた後で、裁判の構えを見せたプレイヤーに対しては、不起訴処分としています

まとめ

オンラインカジノというものに対して、不信感を持っている方が多いと思いますが、実際のところは現金のやり取りをしていたインターネットカフェの摘発という事例が多く、プレイヤーが逮捕されたのも、特殊な事例です。大手のカジノで目立った行いをしなければ、個人がオンラインカジノをプレイすることには問題はないでしょう。